「鬼の副長」として幕末時代に新選組を牽引、後に近代戦争の指揮官として活躍した土方歳三について

土方歳三(ひじかた としぞう)といって思い起こされるのは「新選組」ではないでしょうか。 当時、尊王攘夷運動を起こし江戸幕府打倒に奔走した「倒幕派」の人物らへの恐怖の刺客として存在し、新選組内では厳しい規律を設けて局長の近

暗愚の戦国大名?実は後に文化人として成功を収めた今川氏真について

今川氏真(いまがわ うじざね)は、父の義元が築いた勢力を弱体化させ、やがて今川氏を滅亡させてしまうほど暗愚だったとされています。 事実として、氏真は争いよりも和歌や蹴鞠に通じており、その技芸は戦国大名としては不要なもので

金閣寺を建て、のちの政策・文化に影響を与えた足利義満とは

皆さんは京都にある金閣寺をご存じだと思います。 一面に金を散らした建物はすごく豪華ですよね。 その金閣寺を建て、日本の文化に大きな影響を与えてきた足利義満について、今回は紐解いていきます。 概説 足利義満は、日本の南北朝

「理念を持ち、信念に生きよ。」の名言で有名な戦国武将「織田信長」の生涯

戦国武将として名高い織田信長ですが、気性が荒い性格で家臣に苦労を掛けた印象があります。 織田信長は暴虐非道の限りを尽くし、比叡山延暦寺や一向宗を弾圧してきましたが、意外にも宗教には寛容でした。 経済活動や南蛮文化にも敏感

1 2 3 83