芥川龍之介からインスパイアされた、繊細で深い人間理解の文豪「太宰治」の生涯とは?

太宰治の本名は、津島修治(つしましゅうじ)です。 沢山の小説を残している太宰治について、取り上げさせていただきます。 概説 太宰治は300作近い作品を残しています。 その中でも主要3作品はこちら ・人間失格 ・走れメロス

近代日本史に多大なる影響を及ぼした「夏目漱石」の壮絶な人生

近代日本史に、多大なる影響を及ぼした夏目漱石。 現在においても、彼が残した作品達は、数多くの人を魅了しています。 そんな夏目漱石の人生について、人物像や逸話などもふまえてご紹介します。 概説 「夏目漱石」こと金之助は、江

鋭い心理描写と独創的な作品を生んだ芥川龍之介の人物像とは?!

皆さんは、早ければ小学生時代には芥川龍之介の名前を聞くと思います。 「羅生門」で有名な彼を知らない人はいないでしょう。 今回は数々の名作を残し、最期は自殺してしまった芥川龍之介の人生に迫ってみます。 概説 芥川龍之介とい

徳川家康を陰で支えた謎多き人物、「服部半蔵」、生涯において主君に忠誠を尽くしていた!

服部半蔵といえば、小説や時代劇、ゲームなどで「伊賀忍者」として一度は名前を聞いたことがあるかと思います。 その背景として、 ・国内外で忍者を取り扱った作品が人気 ・忍者として思い浮かべるのは伊賀と甲賀 ・服部半蔵は伊賀を

今も天守が残っている「姫路城」、その歴史には数ある武将たちが関わっていた!?

姫路城は、1993年に奈良の法隆寺と同時に、世界文化遺産に登録されました。姫路城はその美しさから、シラサギが羽を広げたように見立てられています。 その姿から呼ばれるようになった白鷺城(はくろじょう)の愛称は、有名かと思い

多才な活動をこなした「森鴎外」、その作品にも表れている人生と挫折とは?

森鴎外について 森鴎外と聞くと、誰しも一度は聞き覚えがある人物かと思います。 高校の教科書に森鴎外の処女作であり、また近代史のロマン主義の始まりとなった「舞姫」が多く取り扱われているからです。 自身も、幅広い分野で活躍し